京都市での大学生のセックス体験談 出会い系サイトで会ったセフレとのエロ過ぎるエッチな体験

京都市での大学生のセックス体験談 出会い系サイトで会ったセフレとのエロ過ぎるエッチな体験

「京都市在住 大学院生 25歳 男性 K,M」

 

意気投合したセフレとカップルになりきって合宿免許に

大学2回生のときに、かなり出会い系にハマって、セフレを作りまくってました。

 

だいたいは一回ホテルに行ったらもう会わなくなるような女の子ばっかりだったけど、出会い系サイトで出会った麻里奈って子だけは、最初にホテルに行って以来、意気投合し何回も会うセフレになっていました。

 

その時は僕にも彼女がいたし、麻里奈にも彼氏がいたけど、お互い相手に不満があって、セフレって関係に落ち着いてた感じです。

 

あれは大学3回の夏だったのを覚えています。僕と麻里奈が同時期にパートナーと喧嘩して、かなりむしゃくしゃしていたときでした。

 

いつも通りホテルに行って、お互いのパートナーの愚痴を話して、それをオカズにセックスを楽しみました。

 

セックスが終わったあとピロートークを楽しんでいると、麻里奈が免許を取りたいと言い出したのです。

 

当時麻里奈は19歳、僕が21歳でした。僕も大学受験、大学1回生と、免許を取るタイミングに忙しくなっていたので、取り損ねていました。

 

ちょうどいいタイミングだし、なにせおもしろそうだったので、麻里奈とカップルのふりをして合宿免許に参加することにしました。

 

当然お互いの恋人には内緒で、鳥取まで行きました。

 

エロい女なので当然毎晩ヤリまくり

合宿免許では、当然同じ部屋でこれはもうヤリまくりだな、なんて思っていたらまさかの男女別の寮、いきなり計画が崩れてしまいました。

 

行き当たりばったりに計画して申し込んだもんだから、そのあたりをしっかり見ていなかったのです。半ばあきらめ初日は免許取得のためだけに終わりました。

 

合宿免許では毎日教習所に行くのですが、1時間目と3時間目だったり、空きができることがありました。

 

当然、教習所には麻里奈もいます。僕たちは空き時間を見つけては、身障者用トイレでセックスをしたり、空き教室を見つけてフェラをしたりと、2人きりの時間を満喫していました。

 

本当はホテルにいったりしたかったのですが、教習所は鳥取なので、近くにホテルなんかありません。まずはできるところでヤりまくりました。

 

そうしているうちに教習期間が半分終わっていました。しかしこのころになると教習所近くの地理に関していろいろな情報が入ってきていました。

 

寮からすぐ近くにタクシー乗り場があること、10分も走れば繁華街に出ること、先輩教習生から使えそうな情報をたくさんゲットしました。

 

その情報を元に、寮に帰った後、寮から抜け出し、麻里奈と二人で繁華街へ繰り出すようになりました。カラオケでセックス、ラブホでセックス、もうやりたい放題な毎日でした。

 

さらに教習所での毎日は僕と麻里奈に新たな風を吹かせてくれました。それは新しいセフレです。

 

合宿免許で教習所に行くと、短期間だけの出会いに期待した男女がうようよいます。男も女もみんな出会いに飢えていたのです。

 

その中の一人、広島から来た美奈という女の子が、僕と関係をもってくれたのです。美奈と二人でホテルに行きセックスをしたあと、麻里奈の存在を打ち明けました。

 

仲良くなった別の参加者女をこっそり連れてきて3Pに

麻里奈を実は彼女ではなく、セフレなんだと紹介すると、美奈は興味深そうに僕たちに尋ねてきました。

 

「3Pって興味ない??」僕たちもつい興奮してしまい、食い気味に承諾しました。その日の夜には、3人で繁華街に繰り出していました。

 

3人でラブホテルに入り、全員でベッドインしました。この日の夜は忘れがたい興奮で、まさに夢の世界でした。チンコが2本あれば…とこれほど真剣に思った夜はありませんでした(笑)

 

麻里奈と美奈のレズプレイも堪能できたし、本当、最高でした。

 

消費したゴムは2週間で45個と新記録!

その後も3Pをすることはなかったのですが、2人との関係は続きました。2週間の合宿研修を終えたころには50個用意していたゴムが残り5個になっていました。

 

いや、自分でもここまで楽しむとは思いませんでした。

 

今でもたまに会って3Pする仲です

合宿が終わってからも麻里奈との関係はもちろん、美奈との関係も続きました。

 

大学4回の時には、ゼミ合宿で広島を訪れた際に、麻里奈と美奈で3Pもしましたし、美奈とも何度もセックスをしました。

 

美奈は当時大学には行っておらず、フリーターをしていたので基本的には身軽でした。京都や大阪に来ることも多く、会ってはセックス、を繰り返していました。

 

ストレスが溜まっている時の発散用ペニスになった

当然麻里奈との関係も続きましたが、僕が大学3回、4回のときは僕が麻里奈と美奈に呼ばれるときは決まっていました。

 

2人に嫌なことがあった日です。いつの間にか僕は2人の愚痴を聞いて、性欲でストレスを発散させる係になっていたのです。

 

2人の性欲は以前にもまして強くなっていました。強く僕のチンコを求めるし、気持ちよさを追求するようになっていました。

 

アダルトグッズもたくさん使うようになりましたし、シチュエーションにも工夫をするようになりました。

 

一度青姦にハマったことがあり、京都の山奥で満点の星空を見ながらカーセックスしたのも最高の思い出でした。もちろん3Pです。

 

快感だけを追求する麻里奈と美奈との関係はものすごく楽な関係だったし、性欲を満たしてくれて、僕の生活にとって必要な人間になっていました。

 

それでもいつまでも続けられる関係ではないということもわかっていました。

 

僕が大学院生になり、2人は社会人となって、それぞれにいた彼氏と結婚することになってから、ようやく僕らの関係も落ち着きました。

 

落ち着いた、というのは会う回数が減った、ということにほかなりませんが。

 

それぞれ結婚した今も気晴らし・憂さ晴らしで会う関係

今では月に一回ほど会う関係になっています。ほとんどは旦那のストレスの解消です(笑)

 

結婚してからは、彼氏だった時以上にケンカが増え、さらに旦那にはもう性的魅力を感じない、と僕を執拗に求めるようになりました。

 

でも、以前のように気軽には会えないので、会えた時にはものすごい勢いでセックスを求めてきます。

 

結婚したからと生セックスは当たり前、気分さえよければ中出しも許可してくれました。

 

麻里奈と美奈、2人一緒に会うこともあり、その時は3Pで2人同時中出し、という荒々しいプレイも多くしてきました。

 

そうしているうちに美奈と麻里奈は子どもを妊娠し、僕らの関係は1年ほどお預けとなってしまったのです。

 

もしかしたらセフレの子の1人は自分の子かも

麻里奈と美奈は両方、間違いなく旦那との子だと信じているのですが、正直怪しい限りです(笑)

 

2人とのセックスを考えたら、旦那とあまりセックスをしていないことは簡単にわかりました。

 

旦那とセックスをしていたらあんなに激しく求めてこないし、僕に頻繁に会う理由もなかったと思います。

 

美奈に関しては場所も遠かったことから、会う回数は麻里奈より少なかったので、可能性は低いと思いますが、麻里奈に関しては、セックスの頻度も多く、中出しの回数も多かったので、正直僕の子どもではないかと思っています。

 

子どもが生まれてからも僕らの関係は続いていて、まだ月1回くらいでセックスしています(笑)

 

子どもをホテルに連れてきてセックスなんてエグイこともしてますが、ま、気持ちいいからいいんです。

 

華の会メール

本気で探しているならこちら

↓↓↓↓↓

公式サイト