東京都足立区でのセックス体験談 出会い系サイトで会ったセフレとのエロ過ぎるエッチな体験

東京都足立区でのセックス体験談 出会い系サイトで会ったセフレとのエロ過ぎるエッチな体験

「東京都足立区 28歳 会社員 男性 T.N」

 

シングルマザーと出会い系で会って仲良しに

ある日の休日、友人と約束があったのですが友人が急な体調不良によって約束がなくなり、

 

暇になってしまったので、ふと出会い系で遊んでみようと思い、出会い系にアクセスしてみました。

 

掲示板を物色していると、顔は写っていなかったのですが何やら色気のある女性が写真付きの掲示板に

 

「今日約束があったのですがドタキャンにあったため暇をしています。どなたかお相手をしてくれませんか?」とメッセージを残していました。

 

自分と同じ境遇の人がいるのかぁと思いメッセージを送信しました。するとすぐに返信がきてメッセージのやり取りがスタートしました。

 

プロフィールを見ると名前が「聡子」さんといい、38歳のシングルマザーでした。

 

やばいかなぁと思いながらもメッセージでは意気投合してしまったので会うこととなりました。

 

無碍な扱いはできないのでお茶だけにでもしておこうと安易に考えていたのですが、待ち合わせの駅で待っていると

 

「〇〇さんですか?聡子です。」と声をかけてくださいました。

 

いざ会ってみるとすごくきれいでとてもアラフォーには見えなかったです。ドキッとしてしまいちょっとお茶だけで済ますのが惜しくなってしまいました。

 

まずは予定通りちょっとしたカフェでお茶をすることにしました。

 

「はじめてこういう出会い系というものを使ってみたのですが

 

〇〇さんのような方に出会えてよかったです。」

 

席に座るなり褒めていただけるなんてやはり年上の余裕というものを感じました。

 

「僕みたいな人間でよかったんですか?」
「そんな自分を悪くいわないでくださいよ」

 

他愛もない会話を続けることがとても楽しくなってしまい、時間が溶けるような感覚になり、カフェに入ってから1時間以上経っていました。

 

「あ、もうこんな時間ですね。今日はありがとうございました」と僕が言うと
「本当に楽しかったです。また会っていただけますか?」と聡子さんも言ってくれました。

 

「ぜひお願いします」と言って1週間後に会うこととなりました。

 

その日からずっとわくわくが止まらず仕事も手に付きませんでした。
そして、再開の日がやってきます。約束の時間に約束場所へと向かうと

 

「〇〇さんお待たせしました」と聡子さんの声がしました。
「いえいえ僕も今来たところですよ」とよくある会話をして早速、こじゃれた居酒屋へ行きました。

 

「お酒飲むのはひさしぶりなんです。」と聡子さんは言っていました。
「僕も嗜む程度ですよ」とわくわくしながら会話をたのしんでいました。

 

話の話題はお酒の力もありシングルマザーというデリケートな立場でどんな感じなのかという話になりました。お子さんは高校三年生の女子高生ということでした。

 

そろそろ自分の幸せについて考えてみては?とお子さんから提案されたそうです。

 

とは言っても職場はおじさんばかりで出会いの機会もないため出会い系を使っていたとのことです。お茶をしていた時からすごく相性がいいなぁと思っていたので、居酒屋にいても会話がどんどん進んでいきます。

 

会話だけでなくお酒も進んでいました。

 

席についてから2時間以上経っていたのでお会計をすまして帰ろうとしましたが、

 

聡子さんが「今日はもう終わりですか?」と言ってきました。

 

ここで終わらせたら男としてどうなの?と感じた僕は手をつないでホテルへと向かいました。

 

ホテルへと向かう道中、お酒も入っているので終始いちゃいちゃしていました。

 

年上の女性がこんなにも甘えてくるなんてすごく興奮が止まりません。

 

ホテルへとスムーズに入り部屋に入った途端、シャワーも浴びずにベッドに押し倒され激しいディープキスをされました。

 

そのあまりにも激しく動く舌使いに僕のチンポは即勃起してしまい、逃すまいとチンポへと聡子さんの手が伸びてきました。

 

とても一般の女性のテクニックではなく手コキをされながら僕は「どうしてそんなに上手なんですか?」と聞くと

 

「20代の早いうちに離婚をしたから何とかして娘を育てないといけないので風俗で働いていたんです。」とのこと。

 

今では事務関係のお仕事をされているのですが、昔培った技術がこんなにもすごいものだとは思っていませんでした。

 

あまりにもテクニックがすごかったため僕はすぐにイッてしまいました。僕はあまりにも早くイッてしまったためちょっと恥ずかしがっていたのですが、聡子さんは大人の余裕を見せてくれていました。

 

「若いからまだまだ大丈夫でしょう?」
「すごかったです。でも一旦シャワー行きませんか?」と僕の方から女性がいいそうなセリフを言いました。そう

 

いえばと言わんばかりに聡子さんが照れていました。

 

聡子さんは脱いでもおわん型の素晴らしいおっぱいをしておりさっきイッたばかりにもかかわらず、僕のチンポは再勃起していました。

 

「ね、やっぱり若いからすごい」と聡子さんが言ってくれました。

 

その日の夜は自分の人生史上最高の夜でした。最低でも4回はセックスをしたと思います。

 

その後も定期的に会うようになり、次第にお互い惹かれ合いお付き合いをすることとなりました。

シンママの娘とも早いうちに仲良くなれた

ある日、聡子さんから娘に会って欲しいと言われたので都合をつけて娘さんと会うことになりました。そして、初めて会ったカフェで聡子さんと聡子さんの娘さんと会うととても美人で聡子さんそっくりでした。

 

「お母さんがいつもお世話になっております。」美鈴ちゃんというお名前の娘さんはとても礼儀正しく好印象な女の子でした。聡子さんの名残もありつつ決して派手さが無くても上品なお子さんでした。

 

聡子さん同様初対面でも意気投合し、いろいろな会話ができました。聡子さんが席を外している間に娘の美鈴ちゃんとも連絡先を交換しメールでやり取りも進みました。

 

僕は塾の先生の経験があるため美鈴ちゃんの勉強の悩みにも相談していました。いつしか聡子さんから美鈴ちゃんの家庭教師を頼まれるようになりました。

年上シンママと年下JK両方抱く日々が続いた

美鈴ちゃんの家庭教師という名目で聡子さんのお家へは週2回ほど行く関係になりました。もちろん聡子さんとのデートも忘れてはいません。

 

しかしある日、美鈴ちゃんが僕にリラックスしてきたのか露出の多い服を着ており、男の性なのかふいうちで勃起してしまいました。

 

何とか隠そうとするものの不審な動きに美鈴ちゃんが察してしまいました。

 

「〇〇さんなんかおかしくない?」
「そんなことないよさぁ早く勉強しないと…」

 

「じゃあなんでそんなにもじもじしているの?」

 

「ん?気のせいだよ」話をそらしたい僕の考えとは裏腹に執拗に問い詰める美鈴ちゃん。
「もしかしてこの服のせいでおチンチン勃起してるの?」

 

清楚な見た目とは違うワードが飛び出し、びっくりしていると聡子さんと初めてセックスした時のようにベッドに押し倒されてしまいました。

 

「どうしたの急に」
「いいでしょ別に、お母さんとも会うたびにエッチしてるの知ってるよ」

 

当然お家に出入りしているので聡子さんともセックスをしていたのですが、まさか見られているとは思っていませんでした。

 

「だからといってこれはまずいよ」
「〇〇さん私のこと初心だと思ってる?結構いろんなこと知ってるよ」

 

ちょっと寒気がするような雰囲気が出だしたと思った瞬間、濃厚なディープキスが始まり、
もともと軽く勃起をしていた僕のチンポはフル勃起してしまいました。

 

その後は理性が利かずに聡子さんとはまた違った魅力のある10代の美鈴ちゃんとセックスをしました。

 

その後は聡子さんと美鈴ちゃんに会うたびにセックスを繰り返していきました。

タイミング悪く2人共妊娠させてしまって…

都合のいい状況は続かず聡子さんとセックスを続けていくと聡子さんを妊娠させてしまいました。そんなこともあるだろうと思っていたのですが、なんと娘の美鈴ちゃんまで妊娠させてしまいました。

 

急な人生のターニングポイントに僕は冷や汗が止まらなくなってしまいました。

ドロドロ展開になるかと思いきや

昼ドラでよく見る展開が自分の身に起こってしまい、どうしようと思っていたのですが、妊娠の事実はすぐに聡子さんと美鈴ちゃんに知れ渡ってしまいました。

 

僕は美鈴ちゃんのことは聡子さんには内緒にしているつもりでしたが、実は美鈴ちゃんは僕とセックスしていたことを聡子さんに話していたのです。

 

そうと知りながら聡子さんは僕と会っていました。しかし、もともとの器の大きさなのか性癖なのかそんなことどうでもいいじゃんという対応をしていました。

シンママの娘と入籍

今後どうしていけばよいのかという話を聡子さんと美玲ちゃんと僕で話していると聡子さんから驚きの提案をされました。

 

「〇〇さん、美鈴が高校を卒業をしてすぐに籍をいれればいいんじゃない?」

 

漫画やドラマでもなかなかないあり得ないことを言い出すと美鈴ちゃんも
「賛成!これがいちばんいいでしょ!」と言い出す美鈴ちゃん。

 

この辺は親子なのかと思いながら2人がそれでいいのならと提案を受け入れてしまいました。

複雑な家庭ですが愛はあるので問題なし

非常に複雑な家庭環境ですが聡子さんも好きだし、美鈴ちゃんも好き。

 

かなり仕事を頑張らないといけない状況なのですが、2人を守ったりや子供を育てるという覚悟を決めており、何よりも愛があるので思っている以上に問題はありません。

周囲に隠して出産サポート・子育てするのが大変だった

世間体というものがあるので出産サポートを受けたり子育てをするのがとても大変です。

 

ある意味双子がいると言うことなのでこれも人生と割り切って育児を楽しんでいます。ただし、周りにバレないようにする特に自分の親に説明するのがとても難しかったです。

 

LoveLife

メールから始まるドキドキな出会い

↓↓↓↓↓

公式サイト