大阪府岸和田市でのセックス体験談 出会い系サイトで会ったセフレとのエロ過ぎるエッチな体験

大阪府岸和田市でのセックス体験談 出会い系サイトで会ったセフレとのエロ過ぎるエッチな体験

「大阪府岸和田市在住 公務員 35歳 男性 I.K」

 

スポーツマンコと筋肉頼りな純愛セックス

25歳で彼女と別れ、当時彼女いない歴7年、心も体も寂しくなっていた時出会い系サイトで今の彼女と出会いました。

 

当時は彼女というよりはセフレのような曖昧な関係でしたが、最近、ついに彼女になりました!

 

出会い系サイトで出会うというと不純な感じもしますが、今は完全に純愛と言い切れます!セックスから始まる恋愛もあっていいんじゃないか、そう思いますね!

 

出会い系の待ち合わせで会えずに偶然であったのがその女

彼女の名前は由衣と言います。人生で初めて彼女が出来たのが23歳、しかしその彼女とも2年のお付き合いで別れてしまいました。

 

それからしばらく彼女ができずにいました。性欲は風俗で解消できていましたが、心の寂しさは埋まらず、お金を払わずに自分を認めてくれる人を探そう!と出会い系サイトを使い始めました。

 

当時の僕は出会えるなら誰でも、という状況で、メッセージを送れる人には見境なくメッセージを送っていました。

 

しかし当然会ってくれる人は少なく、これといった出会いはありませんでした。

 

その中でも唯一しっかりと向き合ってくれたのが由衣でした。僕は趣味でスカッシュに打ち込んでおり、体力には自信がありました。

 

由衣も趣味でテニスをしていたようで、お互い似たような趣味をもっていたことから意気投合しました。

 

数週間はメッセージのやり取りをし、知り合ってから約一か月後、2人で合う約束を取り付けることに成功しました!

 

待ち合わせは大阪市の中心部、大阪駅です。僕は騙されている可能性もある!と用心して待ち合わせ場所に向かいました。

 

不安と期待が入り混じりながら由衣を待つこと1時間、結局現れることはありませんでした。メッセージを送っても返信はなし。

 

これは遊ばれたんだな。仕方ない。そう思って待ち合わせ場所を後にしました。

 

その日の夜、由衣からメッセージがありました。前日にスマホを失くしてしまい、さらに自宅を離れられない用事が出来てしまい、連絡が遅くなった、ごめんなさい。とのことでした。

 

僕はどうせこれも騙す一環だろう、とその後返信することを辞めてしまいました。

 

それから2週間ほど経ち由衣のことを忘れかけていた時、再び由衣からメッセージが届いていました。

 

内容を見た時には驚きました。「もしかして今難波にいませんか、似た方かもしれないので違うようだったらすみません。もしそうなら、難波ヨドバシカメラ下で待っています。」とその時の服装を写メした画像と共に届いたのです。

 

確かに僕はヒマつぶしに難波に遊びに行っていました。決して由衣にそのことは告げていません。僕の容姿については、何度か画像を見せたことがありました。

 

淡い期待を抱いてメッセージ通りの場所に向かうと、いたのです。まぎれもなく画像と同じ女性でした。

 

自然に出会ってセフレになったけれど…

由衣は会うや否や2週間前の出来事を謝ってきました。僕も返事をしなかったことを謝罪しました。

 

お互い、大きな用事もなく出かけていたので、そのままデートという流れになりました。偶然に出会えたので、当然とても盛り上がりました!

 

そしてその日、一緒に夕食を取り、ホテルに向かいました。しかしホテルで予想外の事実を知ることになりました!

 

予想外の痴女娘で汗だくセックスを満喫

由衣はホテルに着くとすぐに唇を重ねてきました。そしていきなり舌をガッツリ入れるディープキスを求めてきたのです。

 

会った時からセックスをしたかった、本当に体つきがタイプ、と言い、そのままベッドに押し倒され、パンツを脱がされてしゃぶられてしまいました。

 

汗をかいていたにもかかわらず、それがいい、と言い、執拗にしゃぶってくるのです。さっきまで一緒にデートをしていた由衣とは別人のようです。

 

そのまま騎乗位のカタチで生で挿入されてしまいました。由衣は汗だくになりながら腰を振っています。そしてそのままイかされてしまったのです。

 

そう、由衣はとにかくセックスが好きな痴女だったのです。

 

もちろん嫌ではなかったですが、いきなりのセックスだったので、恋人になって欲しいと告白する間もなく身体が繋がってしまい、そのまま言い出せるわけもなく、セフレのような関係になってしまったのです。

 

スポーツしながらのセックスとは?

セフレとはいえ、由衣と関係を保てたことはとても嬉しかったです!お互い身体を鍛えていますから体力はあります。

 

その後一緒にランニングもしましたし、テニスをしに行ったりもしました。そしてもちろん何度もセックスもしました。

 

しかし由衣とのセックスは特殊そのものでした。

 

ハメたままイキながら騎乗位で限界ピストン

由衣とのセックスはまさにトレーニングといっても過言ではありません。お互い身体が悲鳴を上げるまで、とにかく体をいじめながらのセックスでした。

 

中でもキツかったのが、騎乗位です。普通の騎乗位は、女性は布団に両足をたてて、体重を分散させますが、由衣の場合は、足をピーンと延ばし僕の胸元でそろえるのでした。

 

そうすると由衣の全体重が僕にのしかかります。その状態で腰を振るのです。僕は腰を突き上げる勢いで由衣を少し跳ね上げ、重力で再び深く突く、といったプレイでした。

 

腰の力だけで、鍛え抜かれた女性の体を持ち上げるのは脅威でした。そして何より快感があるので、力が入りにくいのです。

 

由衣は由衣で、股を閉じているので、マンコがきゅっと締り、かなり感じるみたいでした。

 

由衣がそのまま絶頂を迎えると、止めることなくさらに振り続けさせる、それが由衣のやり方でした。

 

2人で駅弁セックスしてトレーニング

他にも駅弁は当然プレイのうちに組み込まれていました。たまに力のないAV男優がゆさゆさとゆするような駅弁をしていますが、あんなもの駅弁とは言いません。

 

僕と由衣の駅弁は、お尻を腰にしっかり打ち付け、パンパンという音が部屋中に響き渡るくらい激しいものでした。

 

僕は由衣の体を首一本で支えるので、とんでもない筋肉疲労ですが、僕たちにとってはそれも快感の一部でした。

 

そして何よりとにかく汗をかく!汗をかくことも快感で、汗をかいてびちゃびちゃになればなるほど、興奮度も増していったのです。

 

駅弁でお互いイけるようになったときは、2人で新たな扉を開けたような感動がありました。こんなセックス味わったことが無い、と思いもう由衣を離したくないと思う様になったのです。

 

柔らかい身体を利用した軟体セックス

筋肉を使った荒々しいセックスが僕たちのセックスでしたが、ただただ荒々しいだけではモノ足らず、軟体セックスを楽しむようにもなりました。

 

やはりお互い鍛えているので体の柔らかさには自信がありました。お互いの体に巻き付くように、体を密着させる軟体セックスは、まるで体が一つになってしまったような快感がありました。

 

体だけでなく、心も一つになるような、ねっとりとしたエロさがあったんです。

 

こうして色んなセックスを重ねるうちに、体だけでなく、心も由衣を求めるようになっていました。今の関係では、いずれ由衣は僕のもとを去ってしまう。セフレという関係の薄さに危機感を覚えたのです。

 

そして僕から由衣に恋人になってくれるよう告白しました。ところが、驚いたことに由衣は「え、なにいまさら」というリアクションでした。

 

由衣とってはもうすでに彼氏だと認識していたのです。なんとも間の抜けた告白となってしまいましたが、結果オーライでした(笑)

 

直アドMAX

刺激的な夜を過ごしたい?

↓↓↓↓↓

公式サイト